ジュエリーのお手入れ方法&注意事項

ジュエリーとお肌が直接触れる場合、体質によってはかゆみ、かぶれが生じることがあります。皮膚に異常を感じたときは、直ちに使用を中止して医師にご相談下さい。

ジュエリーのお手入れ温泉に入るときには全てのジュエリーを外すことが基本です。これは、硫黄成分など温泉に含まれるさまざまな成分が貴金属や真珠を傷めて
しまう可能性があるからです。

サウナや低温の場所ではジュエリーが火傷や凍傷の原因となる可能性がありますので、着用をお避け下さい。

ジュエリー同士がふれ合うと、互いに傷つけ合うこととなります。

ひとつの袋に複数のジュエリーを入れて持ち運ぶ事はお避け下さい。

ジュエリー(特に機能上、針が付いているものや、デザイン上、突起があったり鋭利な部分があったりするもの、またネックレスやブレスレットなどで丈夫なワイヤーが使用されているものなど)を身に着ける際は、ご自身や他者の身体、衣類に損傷を与えないよう十分にご注意下さい。また、スポーツ、力仕事、二輪車運転、機械運転、幼児やお年寄りの

お世話をする際、混雑する場所に行く際などには、思わぬ事故の原因となることがございますのでお外し下さい。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.yumenosizuku.com/trackback.php/how_to_treat

カラードストーン

アイダ朝香のカラードストーンジュエリー

無調色真珠

アイダ朝香の無調色真珠ジュエリー

無調色真珠の希少性

統計データで見る無調色真珠の希少性