愛情・生命・海。真珠は命の営みの結晶です

たくさんある宝石の中で真珠は生物(貝)が作る数少ない宝石です。

表情豊かな日本の四季、美しい海、そして、人間の叡智。そのどれひとつとして、良質な真珠を育むのに欠かすことはできません。美しい真珠の輝きは、真珠を育てるアコヤガイ、その貝を生む豊かな海、そして我が子を慈しむような人の愛情があって初めて生み出される、3つの命の営みの結晶なのです。

相田朝香、真珠養殖場での修業時代真珠は核と真珠層からできています。0.0005ミリメートルの真珠層が核を何百層と優しく包み込む事で、真珠独特の美しい光沢が作り出されます。

真珠層の厚い真珠には落ち着きのある重量感が生まれ、幾重にも重なる均質な真珠層は美しい反射光と、光の干渉作用によるうっすらとした虹色を浮き上がらせます。真珠の美しさの源はこの「テリ」なのです。

アイダ朝香真珠では、最高の「テリ」を持つ高品質の真珠を厳選しています。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.yumenosizuku.com/trackback.php/pearls

カラードストーン

アイダ朝香のカラードストーンジュエリー

無調色真珠

アイダ朝香の無調色真珠ジュエリー

無調色真珠の希少性

統計データで見る無調色真珠の希少性