「真珠」の語源

「真珠」という言葉の起源を遡ると、紀元1世紀頃サンスクリット語でムッカ(mukta)=純粋と表現されています。

真珠ヒンズー教では、人々からもっとも愛されるクリシュナ神が深海から引き上げた真珠を娘パンダイアの結婚式にプレゼントしたと伝えられ、ギリシャ神話では、愛と美の女神アフロディーテ(ヴィーナス)が海の泡から誕生した時、その身体から払い落とされた水滴が海に入って輝く真珠になった、と言われています。

その無垢な美しさは世界中の人々から愛されています。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.yumenosizuku.com/trackback.php/what_shinju_stands

カラードストーン

アイダ朝香のカラードストーンジュエリー

無調色真珠

アイダ朝香の無調色真珠ジュエリー

無調色真珠の希少性

統計データで見る無調色真珠の希少性